借地権は相続もできる

Pocket

借地権借地権をご存知でしょうか。地主などから住居や倉庫などその土地に建物を建てるために、地主に地代を支払いつつ、期限などを定めて契約を交わすことを指します。その借地権にもいくつもの種類があります。地上権・賃借権・地役権・使用借権・永小作権があるのですが、ゴルフ場や駐車場にするための借地は認められず、借地権の対象とはなりません

ところでこの借地権を売買できることを知っているでしょうか。賃借権として地主である第三者から土地を借り受けて、そこに居住できる家屋を建てます。しかし、土地を借り受けた被相続人が死去された場合に残された家族が、この借地権をほかの一般的である遺産とともに相続できるのです。借地権ですら相続の対象になってしまうので驚きです。しかも、借地借家法で土地の契約を交わしていた人の名前のままで、新たに借地権の契約を交わす必要がないというのも一般的であります。しかし、地主によっては新たな契約者との書類を作成したり、別途更新料などが発生することもあります。また、借地権者がいない以上、土地の返還を強く求めてくることが予想されます。どちらにしてもトラブル回避のためにも地主に対して、土地の賃借権や地上権を相続したことを書面などで通知するといいでしょう

このように借地権ですら相続できてしまう法律ですので、トラブルはかなり多いとも言われています。裁判沙汰になることもありますので法律の専門家に相談してみてもいいでしょう。